院長ブログ – ページ 3

9/8第10回山口県運動器疼痛を考える会がウェブであり参加しました。愛知医科大学学際的痛みセンターの牛田教授の

痛みの定義が2020年改定され実際の組織損傷もしくは組織損傷が起こりうる状態に付随するあるいはそれに似た感覚かつ情動の不快な体験とされました。新しい慢性疼痛の分類として一次性と二次性に分類されたこと、神経の感作によって過敏化して起こるものを侵害可塑性疼痛と定義されること、新しい疼痛のメカニズムが開発されつつありこれらをうまく使うことで運動器の痛みをコントロールしていくことが求められとのことなどお話しされました。

 

日曜の朝、モーニングコーヒーを飲みに夫婦で行きました。コーヒーはさすがに美味しかったですが、食事もしたかったのですが残念ながら提供されていなかったので、結局お腹が空いてモスバーガーを食べてしまいカロリーオーバーになりました…

 

待合室の椅子のアクリル板がぐらつくという患者さんのご指摘がありましたので事務長が週末にDIYで固定してもらいました。ご指摘ありがとうございました。改善できるよう創意工夫していきますので、その他ご指摘があればスタッフまでお願い致します。

8/29日本臨床整形外科オンライン学会に出すスライドを出すために発表原稿を読んで録画しました。さながら予行演習のようで適度な緊張感がありました。パワーポイントの録画機能は途中のスライドだけでも撮り直しできるので便利ですね。

8/29 10時から慢性疼痛マネジメントセミナーウェブ講習会に参加しました。キーワードは患者さんにセルフマネジメントを気づかせる、でした。

最初に日本慢性疾患セルフマネジメント協会の岡谷先生の患者さんがセルフマネジメントするために必要な医療者の対応についての講演を拝聴しました。

慢性疾患セルフマネジメントプログラムというスタンフォード大学で開発されたプログラムで病気の種類を問わず毎週一回2時間半計6回学ぶプログラムです。2人の進行役をリーダーとしてうち1人は慢性疾患を持っており前もって研修を受けるそうです。

症状・治療、生活、感情の3つの課題で困っていることに自己管理で対処する技術を伝えることが目的だそうです。良い睡眠を取る、呼吸法、筋のリラクゼーションを学び、コミュニケーションの取り方、問題解決法、意思決定の仕方、アクションプランなどを学び実行するとのことでした。アクションプランでは何をどれだけ、いつ、1週間に何回、自信レベルを書き出していくそうですので自己効力感を高め、グループで行うことで他者の成功体験を聞くこと、問題解決の支援ができることも持続効果も期待できるそうです。2005年から行われ山口県でも周南市で今年3月に開催されていたことを初めて知りました。最近はオンラインワークショップに取り組んでいるそうです。

次いで八千代病院痛みセンターの平林先生の講演「痛みに悩む患者の精神療法〜痛みがあっても自分らしい人生を送る秘訣とは?〜」を拝聴しました。共感とは相手の立場になって想像することで相手の気持ちや経験を共有することで、患者さんへの関心を持ち、これまでの努力を労り、回復を共に探ることですが中々難しいです。先生は森田療法の専門家として高名で、性格(パーソナリティ)を把握して治療されるそうで、痛みが主観的ですが回復も主観的で個別のものとのことで患者さんの持つ健康な側面を実生活で生かしてこそ真の痛みからの解決があるとのことで参考になりました。

枕外来をされている山田朱織先生から山田朱織枕が送られてきました。当院では開院当時から山田朱織枕を扱っており、今は関連施設のK STUDIOで受付していますが、コロナ禍で枕診断士の方が来訪できずストップしている状態です。私もマイ枕を作りましたが、今回ご配慮により新しい枕を送って頂きました。大切に使いたいと思います。(と言っても毎日就寝時に使用しますが…)

8/28 広島臨床整形外科ウェブ講演会を拝聴しました。最初に広島大学整形外科の橋口先生の頚椎神経根ブロックのエコーの講演がありました。エコーの講演会では常連の先生で、安佐市民病院でエコーを用いた頚椎神経根ブロックの検討をされた経験からわかりやすくブロックの方法をレクチャーしていただきました。次に順天堂大学整形外科の井上先生の交通事故診療の留意点の講演がありました。交通事故の際の対応や医師としての向き合い方、後遺症診断の書き方など非常に具体的に明瞭に教えて頂きました。

最近楽しみにしている医療系ドラマが日曜夜9時からの東京MERです。東京都知事役の石田ゆり子が立ち上げた走る救急手術室で大河ドラマせごどんで西郷隆盛を演じた鈴木亮平が主人公で賀来賢人など周りの人達も個性的で特に医療現場の処置などは迅速でここまでやるの!?という所もありますがスリリングな展開、最後のオチも見ごたえがあります。最終回に近づいてきていますが毎回話が変わるので今から見ても面白いので是非一度ご視聴してみてください。

 

8/21昨日の突然の休診から一夜明けてクリニック近所のスタッフから本日大丈夫です、という知らせも来て本日は通常診療行いました。前日皆が協力して荷物を上に置いたり、土嚢も置いていましたがこればかりは備えあれば憂なしでまずは一安心でした。

­