第67回 脊椎関節炎の分類

前回のお話の続きですが、脊椎、仙腸関節炎または末梢関節炎を伴う非リウマチ性疾患である脊椎関節炎は強直性脊椎炎に代表され、血性反応陰性脊椎関節症とも言われてきました。その後の研究でHLA-B27遺伝子が関与する関節、皮膚、眼、腸管に及ぶ全身性疾患であることがわかってきました。最近では国際脊椎関節炎評価学会の基準では体軸性脊椎関節炎に分類されます。

ドイツでは成人の1%に発症し、関節リウマチと同程度とされていますが日本では0.02-0.03%と少なく、男女比は3−4:1で男性に多く、90%以上が40才以前に発症します。仙腸関節に炎症性サイトカインが産生され、膠原病(関節リウマチなど)のような自己免疫疾患ではなく自然免疫の関与が想定されています。強直性脊椎炎、乾癬性関節炎、反応性関節炎、炎症性腸疾患関連関節炎、急性前部ぶどう膜炎、若年性脊椎関節炎、分類不能・診断未確定脊椎関節炎に分類されています。症状は3カ月以上持続する炎症性腰背部痛で消炎鎮痛剤が有効です。また腰殿部痛の原因として脊椎炎、仙腸関節炎があり疼痛寛解を繰り返し、可動域制限が進行すると前傾姿勢となります。関節靭帯の付着部炎(特に踵)、片側末梢の関節炎も認められます。乾癬性関節炎は乾癬という皮膚疾患に伴う脊椎関節炎です。反応性関節炎は関節以外の部位の細菌感染症後に生じる関節炎で以前はライター症候群と言われ尿道炎、結膜炎、関節炎の症状を伴います。掌蹠膿疱症性骨関節炎は整形外科を受診される患者さんが比較的多く、胸骨肋骨鎖骨肥厚症という鎖骨の近位部が腫れて肩挙上時痛を伴います。線維筋痛症、強直性脊椎骨増殖症、リウマチ性多発筋痛症などは別の疾患です。

45才未満で3ヶ月以上持続する腰背部痛は体軸性脊椎関節炎を疑い、腰背部痛は無く、関節炎、付着部炎、指趾炎のみ持続する場合は末梢脊椎関節炎を疑うので専門医の受診をお勧めします。