第01回 腰痛と向き合う

とよた整形外科クリニック院長 豊田耕一郎

プロフィール
昭和62年山口大学医学部卒業後山口大学整形外科入局、国立浜田病院、小野田市立病院、山口大学医学部附属病院講師を経て山口県立総合医療センターリハビリ部長として主に脊椎疾患の診断治療に携わる。
平成24年4月5日に山口市大内御堀にとよた整形外科クリニックを開院し現在に至る

私の腰痛遍歴

学生時代に腰椎椎間板ヘルニアの手術を受け、その後整形外科医になってからも、ぎっくり腰を数回患い、腰椎椎間板ヘルニアの再発でも入院しました。このような私が、脊椎専門医として多くの患者さんの脊椎疾患の手術、治療にたずさわることで、自分の経験を生かせることは非常に幸運でした。
一方で、整形外科外来では手術の必要のない腰痛患者さんのほうがむしろ多く、また外科医としての仕事の限界を感じていたこともあり、もっと腰痛患者さんの身近で診療にあたりたいとの想いも強くなり、開業に至りました。
今回山口経済レポート坂田社長のご意向で連載をさせていただくことになり、真っ先に腰痛についての話をしたい、と思いました。腰痛治療は奥が深く、ゴールは見えていないのが現状ですが、その中からお伝えしたいことをピックアップすることで読者の皆様の参考になれば幸いです。