コロナウィルス正しく恐れる

最近読んだ本で仙台医療センターウィルス研究所長の西村秀一氏の「コロナウィルス正しく恐れる」というタイトルに惹かれました。ウィルスの専門家でコロナは空気感染であること、飛沫は冬になると増加するのは、寒くなって湿度が下がると飛沫が小さくなり感染しやすくなるとのことで、非常にわかりやすく解説してありますのでお勧めの本です。