知っておきたいヨーロッパ流子どもの足と靴の知識

知っておきたいヨーロッパ流子どもの足と靴の知識という本を読みました。ヴィーランド・キンツ博士の著書で吉村眞由美さんの訳です。足の長さは左右で違うこと、朝より夕方のほうが大きいので靴は夕方に選ぶことを推奨されていました。裸足で歩くことを推奨されており、1から3才では3か月おき、3から6才では4か月おき、6から10才では5か月ごとに足の長さをチェックしたほうがいいそうです。足にあった靴は少なくとも12ミリ、最大17ミリ足より長いものを選ぶことを推奨されており、勉強になりました。