第78回 外科医も肩こり腰痛が多い!?

勤務医で脊椎外科医として一日中手術場に入って手術していたのは8年以上前になりますが、手術中は集中しているときはアドレナリンが出ているので特に苦痛は感じませんでしたが、喉が乾くとマスク越しにストローで水をのませてもらったりしたり、立ちっぱなしがきつくて途中で座らせてもらったりしたことが今となっては懐かしい思い出です。最近の報告で外科医が手術後に頚部痛が62%増加し、腰痛が45%、背部痛が43%という報告がありました。以前このコラムでテキストネック症候群(いわゆるスマホ首)について紹介した際にも述べましたが頚椎が15度屈曲すると14kg60度屈曲すると30kgの重量が頚背部にかかるのでこの研究の結果もうなずけます。手術野が狭いところで下を向いて手術をせざるを得ない外科医ほど首腰への負担が多いということになり、内視鏡手術の場合、モニターを見ながら手術ができるのでその負担が少ないので、医学技術の進歩は外科医の肉体的負担を少なくするという意味においても今後ますます必要となることでしょう。やはり外科医も姿勢への意識や頚椎腰椎のセルフエクササイズは必要であると外科医を引退してから改めて思います。

 

参考文献  J Am Coll Surg(2020; 230: 554-560)