083-929-3315

山口県山口市大内千坊4丁目15-23

山口県 山口市 整形外科 腰痛 マッケンジー法 椎間板ヘルニア 交通事故

マッケンジー法

患者さんの声
スタッフ募集
院長ブログバックナンバーはこちらスタッフブログ山口経済レポート院長の院外活動
提携フィットネススタジオ Drs. Fitness K STUDIO

マッケンジー法について

マッケンジー法とは1950年代にニュージーランドの理学療法士、ロビンマッケンジーが開発し発展させてきた治療法です。腰痛、頚部痛、坐骨神経痛、各関節の痛み、しびれ、頭痛などが治療対象になります。世間一般に広く誤解されている「マッケンジー法=腰椎伸展エクササイズ」ではありません。マッケンジー法の特徴は自分で行うエクササイズによって疼痛やしびれ、関節可動制限を改善してゆく治療法です。問診と運動検査を行ったうえで、ひとりひとりに合った「セルフエクササイズ」や「日常生活での留意点」を中心としたプログラムを組み立て、治療を行っていきます。世界各国においてもマッケンジー法は筋骨格系の問題に対する自己管理療法として極めて高い評価を得ています。日本においても国際マッケンジー協会の認定資格を有する医師や理学療法士が徐々に増え、各医療機関で実際にマッケンジー法の治療にあたりその成果を得ています。しかしながらマッケンジー法は決して万能薬ではありません。評価のなかでいかなる運動検査においても良い反応が見られない患者は、マッケンジー法適応外として今後どのような治療方針が適切なのか患者、医師、理学療法士との話し合いの中で決めていきます。