083-929-3315

山口県山口市大内千坊4丁目15-23

山口県 山口市 整形外科 腰痛 マッケンジー法 椎間板ヘルニア 交通事故

ブログ

患者さんの声
スタッフ募集
院長ブログバックナンバーはこちら845リハビリ劇場インスタグラムスタッフブログ山口経済レポート院長の院外活動
提携フィットネススタジオ Drs. Fitness K STUDIOFacebook とよた整形外科クリニックページFacebook 院長個人ページ
HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

第8回長州スポーツ整形塾でラグビー傷害を学びました


3/21第8回長州スポーツ整形塾があり参加しました。今回はラグビー特集で、宮崎大学整形外科の田島卓也先生がラグビーにおけるメディカルサポート体制の構築と外傷障害の競技特異性について講演されました。日本代表ドクターの資格は日本体育協会公認ドクターでラグビー外傷に精通しており、かつICIR/PHICISレベル2以上の資格が必要だそうです。複数の人数で任期制だそうで、整形外科だけでなく、内科、脳神経外科、歯科などもおられるそうです。共通メディカルチェックとして心エコーも4年に1回チェックし、クラウド型電子カルテを共有しているそうです。メディカルキットとして点滴、薬剤、物理療法機器やエコーも含まれているそうです。試合時に選手の状況を見て必要があればグランドに入り、選手のコンディショ二ング、体調管理は最近では電子媒体でされているそうです。気候対策、感染症予防、食事、飲水、ドーピング検査への対応の管理も紹介されました。キャンプ地でのメディカルの対応で地域のリエゾンドクターを介して後方支援病院(MRI,CT)の確保も必要だそうです。ラグビーワールドカップはラグビーワールドカップリミテッドという組織が主導で準備するそうです。

次いで聖路加病院整形外科の田崎篤先生のラグビーの肩関節外傷との苦闘の講演がありました。ラグビーは繰り返し衝突しながら起きて走り続けるスポーツでcollision sportsといわれます。ラグビーの肩関節外傷は肩関節脱臼、肩鎖関節損傷が多いそうです。肩外転で弾かれるような外傷では腱板断裂もあるそうです。又肩甲骨骨折、腋窩神経麻痺などの症例も提示されました。外傷性不安定症では脱臼しない例も2割あり関節窩骨折があるかをCT撮影で確認した方がいいそうです。不安定性疼痛肩は難治性で関節鏡検査で確認して病態を確認する必要があるそうです。脱臼後バンカート手術単独では再発率が比較的高く、ブリストー手術も併用されるそうです。又バンカート手術は骨性病変は摘出せずに残すことでリモデリングが期待できるとのことでした。再脱臼予防にサークルスタビリティーコンセプト、適度な緊張、関節包の全周性縫合することが重要とのことでした。

次いで杏林大学整形外科の長谷川先生のラグビーにおける脊椎(頚椎)外傷、障害と脳震盪の取り組みについての講演がありました。ラグビーなどcollision sportsは頭部、頚椎外傷が多く、傷害発生時頸部固定、ABC、競技続行の判断が求められます。片側性に繰り返す上肢の痛みのバーナー症候群という疾患は筋力低下は伴わないのですが混同されて用いられているそうです。一過性四肢麻痺の急性脊髄損傷、椎間板ヘルニアによる神経根症、頚椎脱臼骨折、頚髄損傷はフランケルAであっても受傷後4時間以内の手術では改善の可能性があるとのことで早期の手術が望ましいとのことでした。頚髄症の選手でも低侵襲手術などで9割は競技復帰できるそうです。頚椎外傷の予防として衝突の際にハイタックルの禁止、頚椎周囲の筋トレなどもありますがメディカルチェックを定期的に行うことが必要で上位頚椎奇形があると禁忌だそうです。環軸椎不安定性で後方固定手術後は復帰は禁忌であるとのことでしたが術後競技復帰についてはケースバイケースだそうです。脳震盪は外傷性脳損傷で意識消失は10パーセントだそうで臨床症状で診断するそうです。繰り返し生じると認知障害、平行機能障害などに至るので注意が必要です。HIA(head injury assessment )、R &R(recognize and remove)などの基準があり初回の場合は1週間で競技復帰としますが2回目は3週間かかるそうです。

最後に順天堂大学の高澤先生のラグビー外傷のあれこれ~下肢疾患を中心に~の講演を拝聴しました。ラグビーでの下肢外傷の割合は高く、前十字靭帯損傷の頻度も高いそうです。ただし再建靭帯の再断裂も若年者、コンタクトスポーツでは多く16パーセントぐらいだったそうです。後十字靭帯断裂も比較的多く、自覚症状がないことが多いそうです。外側半月板損傷は部分切除が行われてきましたが早期復帰すると軟骨損傷がおこりやすい報告があり、最近では縫合術が行われています。筋損傷は打撲、肉離れ、筋挫傷があり、ハムストリングのタイプ2損傷は復帰に時間がかかる時がありリハビリで理学療法士、アスレチックトレーナーとの連携が必要だそうです。大腿部挫傷はモモカン、charley horseと言われています。早期に膝屈曲位で内部に血腫ができないような工夫が必要です。

2019-03-21 17:46:23

折りたたむ

急性腰痛になりました!

西京リレーマラソンが終わり筋肉痛もそこまでひどくなく、心地よい疲労感がありましたが月曜日の夜に洗面所で前屈みになったときに急性腰痛(ぎっくり腰)になりました。疲れがたまった時や気を抜いた時に時々なるのですがいつもマッケンジーセルフエクササイズで乗り切っていますので今回も腰椎伸展運動を頻繁に行っています。診療の合間にうつ伏せになって腰を伸展しています。ただし中腰の姿勢はなるべくしたくないのでスタッフに協力してもらってやっていますがもう少しかかりそうですのでよくなったら又報告します。

2019-03-20 23:05:48

折りたたむ

西京リレーマラソンで好成績!




3/18西京スタジアムで西京リレーマラソンがあり、クリニックで二年連続で参加しました。昨年はクリニックチームとK STUDIO チームでエントリーしましたが今年は成績を残そうということで1チームで参加しました。9時から15時まで10名で何周回ったかを競うレースです。職場別で20位以内を目指そうという目標でしたが始まったから1時間の途中経過で9位という成績でしたので、皆頑張ってくれてなんと職場別で10位、総合40位という好成績でした!私は練習不足でしたが6周走りました。皆それぞれ練習していたようで、好成績を残すことができたのはその努力のたまものです。応援に来てくれたスタッフにも感謝します。来年も参加することを目標に私ももっと練習したいと思います。
 

2019-03-17 17:29:24

折りたたむ

ウェブ講演


3/14 ウェブ講演を行いました。広島県立障害者リハビリテーションセンター増田先生が座長で講演しました。ウェブ講演は三回くらいなので緊張はしないのですが質問はたくさん頂いたのでありがたかったです。
 

2019-03-14 23:17:29

折りたたむ

西京リレーマラソンまであと?日

昨年も走った西京リレーマラソンが3/17に迫ってきました。今年は講演が多かったので(言い訳ですが)昨年ほど練習しておらず土曜、日曜、木曜と練習しました。昨年はクリニックとK STUDIO で2チームでましたが今年は記録を狙って精鋭1チームでエントリーしています。私が一番遅いと思いますが足を引っ張らないように頑張ります。
 

2019-03-14 13:17:07

折りたたむ

腰痛 (> <)

先週から急な腰痛に悩まされている受付 原田です。

長時間寝返りできない状態で寝た翌日から、腰がつったようなきゅーっと波がある腰痛が出て、歩くときに骨盤に響くような痛みがありました。ヘルニア経験のある私ですが、その痛みとは全然違う痛みで思わずイタタタ・・・と言ってしまうような状態でした。



当院の院長は脊椎専門! 
「院長ーーーーーー!!!」
と診察室に駆け込み、お願いして診てもらいました。

診察の結果、神経症状はなく 急性腰痛 いわゆる <ぎっくり腰> との診断で当院でお勧めしている運動療法<マッケンジー法>をすることになりました。 

担当は 林リハビリ部長 ^ - ^
はじめにどういう状況で痛みが出たのか、どういう動きで痛みがあるのか、生活習慣はどうかなどと問診があり、その後腰の動きのチェック。それからベッドに横になって体操を開始しました。

はじめ腰をそらす体操をしていましたが、なかなか腰痛の改善がないため、じゃあ前に曲げる運動をしてみようと上向きで膝を抱える運動をするように言われやってみました。

やさしくも厳しい林部長が膝をぐっと押すと、最初はヒーっと声が出るような痛みがあり、曲げるのもぜんぜん曲げられなかったのですが、繰り返すうちに膝が顎あたりまで曲がるようになり、腰の痛みもずいぶん楽になってきました。

体操を繰り返しては、その都度動きや痛みをチェックしてもらい、回数を重ねるうちになんだか腰の痛みが軽くなってきました。自分でするときの、より効果的なやり方も林部長自ら実演してみせてもらい、おうちに帰ってまじめに繰り返しています。

今までクラークで診察についていて見てはいましたが、実際にやってみてマッケンジー法のすごさを実感しました✨
私の状態を評価してもらい、私に合った、私にできる方法を具体的に指導してもらうことで頑張ることができました。

すべての腰痛がマッケンジー法で治るわけではありませんが、まずは院長に診てもらって診断してもらいましょう!!
そしてマッケンジー法の適応がある場合はぜひ試してみてください。
私は体験した者としてお勧めします。

また今回のことで患者さんの痛みや気持ちがよくわかりました。もっと患者さんに寄り添えるように頑張ろう!と気持ちを新たにした出来事でした。 

院長、林部長 ありがとうございました。


 

2019-03-14 02:49:28

折りたたむ

久しぶりのKスタジオと映画


3/10久しぶりにKスタジオで汗をしっかり流した後宇部に映画を観に行きました。七つの会議で野村萬斎が主演の池井戸潤作品でしたが香川照之の安定感のある演技もさることながら、個人的には及川光博ミッチーの演技が好きでした。写真はアランクロアのまかないランチでした。

2019-03-11 23:21:20

折りたたむ

小倉で講演しました


3/7 小倉に行き北九州慢性疼痛懇話会で講演しました。慢性疼痛治療ガイドラインとデュロキセチンの臨床経験についてお話しさせていただきました。九州大学出身の若手の開業医の先生方でしたが活発な討論もできました。懇親会も開いていただき臨床での苦労や病診連携の工夫など教えていただきました。

2019-03-08 06:15:07

折りたたむ

立川生志師匠の落語



3/3博多イムズホールで立川生志師匠の落語会に参加しました。昨年に続き参加しましたが今年の演目は「付き馬」、「紺屋高尾」(こうやたかお)でしたが時事ネタも相変わらずの毒舌でした。最初の付き馬でしっかり笑った後、紺屋高尾ではクライマックスで泣けてしまいました。打ち上げで師匠と写真を撮ることができて幸いでした。
 

2019-03-03 22:18:05

折りたたむ

第4回山口中央骨粗鬆症リエゾン研究会



3/2ホテルニュータナカで第4回山口中央骨粗鬆症研究会がありました。いとうクリニックの伊藤先生が発表されました。開業医での骨粗鬆症治療継続率調査の発表を聞きました。薬局のレセコンから継続率を算定できるプログラムOP JeDIを使用した結果で治療中断(ドロップ率)を検討されて服薬継続率が80パーセントで脱落率20パーセントで高い継続率で見習わねばと思いました。継続率が高いのはウィークリービスフォスフォネート製剤とビタミンDの組み合わせであったとのことでした。又骨粗鬆症リエゾンパンフレットを用いて継続率上昇に工夫されているそうです。次いで特別講演で鳥取大学医学部保健学科の萩野教授の多職種での骨卒中予防の講演を拝聴しました。小児の骨折は高齢の大腿骨近位部骨折より高いそうですが高齢者では骨折が予後に関与しているそうです。海外ではhip attackと言われていますが日本で萩野先生を中心に骨卒中と日本語訳されたそうです。日本では2010年以降女性の80才未満の大腿骨近位部骨折の発生率が減少しているそうです。これには高齢者の運動能力上昇したことがあるそうですし、75才以上を高齢者と定義する案も出ているとのことでした。後期高齢者における骨折の入院での医療費は1-2位であるそうです。骨卒中の防止は薬物療法、転倒予防、ヒッププロテクターがあります、高齢では皮質骨の多孔化が生じて骨粗鬆症がさらに進行します。経口ビスフォスフォネート製剤の吸収率は白人は0.63パーセント、日本人は0.91パーセントであるそうです。経口から静注に変更するそうで骨密度上昇効果が期待できるそうです。ビスフォスフォネートはゴキブリホイホイ、デノスマブはキンチョールのような働きとの例えはわかりやすかったです。新しい薬剤で抗スクレロスチン抗体が発売されますが一年しか投与できないのとその後ビスフォスフォネートかデノスマブを使用する必要があるそうです。テリパラチドはデイリーとウィークリーがあり2年間使用後ビスフォスフォネート製剤かデノスマブでの継続か必要ですがウィークリーテリパラチドは週二回投与(自己注射も可能な)製剤も開発中だそうです。又ビタミンD充足度では鳥取での研究でも不足していたそうです。ビタミンDは活性型ビタミンDを投与しても増加しないことに注意する必要があるそうです。最後に転倒予防について内的要因と外的要因があり、横に動く動作で転倒しやすいそうです。予防にはバランス運動が適しており、立位で自分の体重月かかる動作、水平方向、垂直方向の運動が効果的だそうです。高齢者の転倒予防介入では24パーセント発生を低下することができるそうです。転倒予防には理学療法だけでなく、多因子の介入は効果的とのことでした。鳥取大学の転倒予防チームは未然防止対策と再発予防対策に取り組まれておりNHKでも取材されたそうです。ヒッププロテクターについても教えていただき鳥取での研究では施設では抑制効果はありますが地域の高齢者では効果がなかったそうです。懇親会では萩野教授ともお話出来ましたが他施設での骨粗鬆症マネージャーの方々とも親睦を深めることができました。

2019-03-03 09:57:04

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5